児童手当

児童手当とは

児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的として、中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育している方に支給するものです。

受給資格

中学校3年生までの児童を養育している方。

手当月額(1人につき)

対象金額
3歳未満15,000円
3歳以上小学校修了前10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生10,000円
  • 児童を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額5,000円を支給します。
  • 18歳到達後最初の3月31日までの間にある児童の中で、年長者から第1子と数えます。

手当の支給

手当の支給は、認定請求をした日の翌月分から開始(一部特例があります。)され、支給事由の消滅した日の属する月分までとなります。
なお、手当の支払は、年3回(2月、6月、10月)行われ、支払月の前月分までが支給されます。

現況届について

児童手当を受給している方は毎年6月に「現況届」の提出が必要となります。この届は、前年の所得状況や6月1日現在の児童の監護状況等を確認し、手当を引き続き受ける要件を満たしているか確認するためのものです。
手続きをしないと、6月分以降の手当が受けられなくなりますので、ご注意願います。

受給手続き

出生、転入などにより新たに受給資格が生じた場合、児童手当を受給するには「認定請求書」の提出が必要です。詳しくは市子ども課(0192-27-3111(内線195))にお問い合わせください。

受付窓口:市役所子ども課、三陸支所、綾里・吉浜地域振興出張所

受給者が転出するときは

大船渡市での児童手当の受給資格が消滅します。転出先の市区町村で手当を受けるためには、改めて「認定請求書」の提出が必要となります。
また、転出先での手続きに、前住所地の市区町村長が発行する児童手当用所得証明書が必要になりますので、税務課窓口でお確かめのうえ、転出の際にご準備ください。