虐待に関すること

虐待に関すること

児童虐待の定義

児童虐待は以下のように4種類に分類されます。

身体的虐待 殴る、蹴る、投げ落とす、激しく揺さぶる、やけどを負わせる、溺れさせる、首を絞める、縄などにより一室に拘束する など
性的虐待 子どもへの性的行為、性的行為を見せる、性器を触る又は触らせる、ポルノグラフィの被写体にする など
ネグレクト 家に閉じ込める、食事を与えない、ひどく不潔にする、自動車の中に放置する、重い病気になっても病院に連れて行かない など
心理的虐待 言葉による脅し、無視、きょうだい間での差別的扱い、子どもの目の前で家族に対して暴力をふるう(ドメスティック・バイオレンス:DV) など

児童虐待の現状

児童相談所の児童虐待の相談対応件数(平成26年度)は、児童虐待防止法施行前(平成11年度)の7.6倍に増加(88,931件)虐待死はほとんどの年で50人を超えている。

児童虐待の現状 (厚生労働省ホームページ)

児童相談所全国共通ダイヤルについて

児童相談所全国共通ダイヤルとは、子どもたちや保護者のSOSの声を「いちはやく」キャッチするための全国共通のダイヤルで、「189」の3桁の番号にダイヤルすると、近くの児童相談所につながり、専門家が対応します。
虐待されているおそれのある子、子育てがつらくてつい子どもにあたってしまうことがある、近くに子育てで悩んでいる人がいるなど、そんなときは、「189」に電話してください。

児童相談所全国共通ダイヤル 189(※一部のIP電話からはつながりません)

また、次の相談窓口でも相談を受け付けておりますので、ご相談ください。

  • 岩手県一関児童相談所 電話0191-21-0560
  • 沿岸広域振興局大船渡保健福祉環境センター 電話0192-27-9913
  • 市子ども課子ども福祉係 電話0192-27-3111(内線193)