入園・入所の認定について

保育・教育施設の利用と認定について

保育所や認定こども園を利用する場合、保育の必要性に応じた「認定」を受けていただくことになります。認定された区分によって、利用できる施設・事業が異なります。
受付窓口は市役所子ども課となります。必要な書類はそれぞれの家庭で異なりますので、詳しくは下記担当にご確認ください。

認可保育所、認定こども園 

市子ども課保育係 0192-27-3111(内線192)

私立幼稚園 

入園したい幼稚園に確認してください。

保育所や認定こども園に年度途中の入所を希望する場合、入所を希望する月の前月15日までに、子ども課へ書類を提出してください。年度途中で入所する場合、入所日は入所を申し込んだ月の翌月1日となります。

【認定区分と利用可能施設】
認定区分 対象年齢 要件 利用できる施設
1号 満3歳以上 教育を希望する場合 幼稚園、認定こども園
2号 満3歳以上 「保育を必要とする事由」に該当し、
保育所等での保育を希望する場合
認可保育所、認定こども園
3号 満3歳未満

保育を必要とする事由(2号・3号認定)について

保育所や認定こども園で保育認定を受けられるのは、父母などの保護者が次のいずれかの事由に該当する場合です。

項目 要件
就労 日常の家事以外の仕事をしている場合
求職活動 求職活動を継続的に行っている場合(就労内定を含む)
育児休業取得中の継続利用 育児休業中に、すでに保育を利用している子がいて継続利用が必要な場合
妊娠・出産 妊娠中であるか、出産後間もない場合
就学 学校または職業訓練校に在学している場合
病気・障がい 病気、負傷、心身に障がいがある場合
病人の看護等 同居の親族(長期間入院等をしている方も含む)を介護または看護している場合
災害復旧 震災、風水害、火災等の復旧にあたる場合
虐待・DV 虐待やDVのおそれがある場合
その他 上記に類する状態にある場合

保育を受けられる時間(2号・3号認定)について

2号・3号の保育認定を受ける場合、保護者の就労時間などによって、保育を受けられる時間(保育の必要量)が変わります。

【保育の必要量に応じた認定】
区分 保護者の就労時間 利用できる時間
保育標準時間 フルタイムを想定(月120時間以上) 1日11時間の枠の中で、保育を必要とする時間
保育短時間 パートタイムを想定(月48時間以上120時間未満) 1日8時間の枠の中で、保育を必要とする時間