予防接種

小学校の入学準備に予防接種を受けましょう

市では下記の予防接種を行なっています。
予防接種の記録は、母子健康手帳に記載されていますので、接種を済まされているかご確認ください。

小学校入学前に受ける定期接種

ヒブ

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
接種開始時期が
生後2か月~7か月未満
初回3回 生後12月に至るまでの間に、27日以上
追加1回 初回接種終了後、7月以上
※ただし、生後12月までに回の初回接種を終了せずに追加接種を行う場合は、初回接種終了後、27日以上
接種開始時期が
生後7か月~1歳未満
初回2回 生後12月至るまでの間に、27日以上
追加1回 初回接種終了後、7月以上
※ただし、生後12月までに2回の初回接種を終了せずに追加接種を行う場合は、初回接種終了後、27日以上
接種開始時期が
生後1歳~5歳未満
1回  

小児用肺炎球菌

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
接種開始時期が
生後2か月~7か月未満
初回3回 生後24月に至るまでの間に、27日以上
※ただし、2回目の接種が生後12月を越えた場合、3回目の接種は行わない
追加1回 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った以降
接種開始時期が
生後7か月~1歳未満
初回2回 生後24月に至るまでの間に、27日以上
追加1回 初回接種終了後、60日以上の間隔をおいて、生後12月に至った日以降
接種開始時期が
生後1歳~2歳未満
2回 60日以上
接種開始時期が
生後2歳~5歳未満
1回  

4種混合
(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
生後3か月~7歳6か月未満 1期初回3回 20日以上
1期追加1回 1期初回接種(3回)終了後、6月以上

BCG

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
1歳未満 1回  

麻しん・風しん混合(MR)

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
生後12か月~24か月未満 1期1回  
次年度小学生になる
満5歳以上7歳未満の年長児
2期1回  

水痘

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
生後12か月~36月未満 2回 3月以上

日本脳炎

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
生後6か月~7歳6か月未満 1期初回2回 6日以上
1期追加1回 1期初回終了後6月以上

B型肝炎

対象者 回数 接種間隔・注意事項等
1歳未満 3回 27日以上の間隔を置いて2回摂取した後、第1回目の注射から139日以上の間隔をおいて3回目の接種をする。
※定期接種の対象は、平成28年4月以降に生まれた乳児です。
※母子感染予防として、出生後にB型肝炎ワクチンの接種を受けたことがある場合は、対象外です。
  • 接種期間を過ぎた予防接種については、任意接種の取扱いとなり、接種料金も自己負担していただくことになります。
  • ポリオ予防接種は平成24年9月以降、経口接種から皮下接種に切り替わっています。生ワクチン2回の接種が済んでいないお子さんは、不足の回数を不活化ワクチンで接種することができます。
  • 麻しん(はしか)は感染力が非常に強く、肺炎や脳炎などの重症の合併症を起こすことがあることから、麻しん風しん予防接種を1期(満1歳~2歳未満)、2期(小学校入学前の1年間)にそれぞれ1回ずつ予防接種を受けることになっています。まだ接種していないお子さんは、早めに受けるようお勧めします。4月1日以降は、任意接種となり料金も自己負担となります。
  • 日本脳炎予防接種は、接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年度から平成21年度までご案内を行いませんでしたが、新たなワクチンが開発され、平成22年度から通常通り予防接種が受けられるようになっています。
  • 予防接種を受ける際には母子健康手帳と予診票が必要です。紛失等でお手元にない場合は、再発行の手続きが必要です。母子健康手帳や予診票の再発行、予防接種の受け方についてなど、ご不明な点については健康推進課までお問合せください。

【市健康推進課 TEL:0192-27-1581】

予防接種についての考え方

日本の乳幼児死亡率は年々低下していますが、その要因は予防接種などの方法により、感染症の流行を減らすことができたこと、また医療の進歩や環境衛生が向上したことによるものです。

しかし、医療が進歩した現在でも、ウイルスに有効な薬はわずかです。予防接種をしておけば、もしその病気が流行してもかかる心配はきわめて少なくなります。子ども達にとってかかると怖い病気を予防接種で防ぐことは、強力な予防法です。

定期接種と任意接種

多くの感染症が流行していた時代は、予防接種を受けることを国民の義務としていました。しかし、予防接種や医療の進歩によって感染症の流行をある程度抑えることができるようになったことから、現在は国がぜひ必要と考えるものを「定期接種」として勧めています。

「定期接種」は勧奨接種となっていますが、これは以前の強制制度(しなければならない)から、勧奨制度(できるだけすることをすすめる)に変わったことによるものです。

そして、予防接種は保護者が意義をよく理解して受けるように努めること(努力義務)になりましたが、予防接種を受けるか受けないかを保護者が自由に決めてよい「任意接種」とは異なります。

予防接種を受ける意義

予防接種を受けないでいると感染症に感染する可能性は高くなり、発症すると場合によっては命に関わることもあります。また、感染したことで周囲に病原体を広げ、感染者数を増やすことになります。

子ども達の生命と健康を守るために予防接種の意義をよく理解して、ぜひ受けるようにしていただきたいと思います。なお、定期接種を受けるには一定の期間が定められており、この期間内であれば公費の助成制度や副反応による予防接種健康被害などに対する救済制度などが決められています。